セサミンのチカラ

セサミンはゴマから取れる希少成分

健康に幅広く効果を発揮する成分として、サプリメント会社のラインナップに加わっていることの多いセサミン。一度は名前を耳にしたことのある方も多いかと思いますが、セサミンの効果について詳しくご存知でしょうか。セサミンは、ゴマから取れる希少成分なのです。

ゴマから取れるセサミン

セサミンは名前の通り、ゴマ(セサミ)からとれる成分です。ゴマには抗酸化作用を示す植物性ポリフェノールの一種であるゴマリグナン類が含まれています。セサミンはゴマリグナン類の一種で、セサモリンと並んで最もゴマ種子中に含まれている量の 多いゴマリグナン類です。

ゴマの主成分は脂質

ゴマの半分はリノール酸とオレイン酸という植物性脂質が占めています。どちらも悪玉コレステロールの低下作用などが認められており、健康によい油とされています。通常油は酸化しやすいためサラダ油などは開封後ただちに消費することが望ましいのですが、 ゴマ油は焙煎、サラダ油とも酸化に強く安定した状態で長期保存することができます。 研究の結果、焙煎ゴマ油とゴマサラダ油どちらにおいてもゴマリグナン類が酸化安定性に大きな役割を果たしていることがわかっています。

ゴマ種子中のセサミンの量

ゴマリグナン類のうち最も含有量が多いとされているのがセサミンとセサモリンです。しかし、 その量はゴマ種子中にわずか0.3~0.5%程度、圧搾後のゴマ油では1%程度とごく少ないものなのです。セサミンのサプリメント大手会社から発売されているセサミンのサプリメントには、一日あたり摂取量として10mgのセサミンが含まれています。これは、ゴマで摂取しようとすると3,000粒相当が必要になりますので、ゴマに含まれるセサミンの希少度がお分かりいただけるかと思います。

効率よく摂取するならサプリメントがおすすめ

セサミンの効果としてはアルコール分解促進作用が有名ですが、肝臓に直接取り込まれ抗酸化作用を発揮したり、コレステロールを下げたり、免疫を活性化したりと様々な効果があります。これらは、一度に大量に摂取するよりもある程度の量を継続的に摂取する方が効果的ですので、セサミンは毎日摂取するのがおすすめなのです。とはいっても、毎日3,000粒のゴマを食べるのは難しいものがありますね。さらにゴマの種皮はとても硬く、すりつぶすなどの工夫をしないと中身を吸収することが難しいといわれています。そのため、サプリメントを上手に活用するのが賢いセサミン摂取方法といえるでしょう。

ゴマから取れる希少成分、セサミンについてご紹介しました。ゴマは古くから健康によいとされ、古代インド医学や中国の漢方辞典にもその効能が記されています。数千年を経て、その作用が科学的に証明されつつあるセサミン、有効に活用されてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る